君の膵臓を食べたい

「君の膵臓を食べたい」

この小説はヤバイ。

若者風に言うとヤバイ。

この小説を読んで、あらためて思う。

僕は貴女を必要としている。

貴女に必要とされたい。
いや、されなければ困る。

僕の生きている意味がない。

もし。仮に。万が一。夢だとして。if。

彼女の余命が少なかったとして。
そんなこと、かんがえたくはないけれど。

それでも、万が一を思って考える。

もしそうなったら、彼女の前で僕は悲しみを見せない。
悲しいけど、悲しまない。

最後の瞬間まで、いつも通りに振る舞う。
絶体に振る舞う。

仮に、僕の余命が少ないとわかったなら、
彼女にいつも通り振る舞う。
絶体に振る舞う。

泣いても笑っても、変わらないのなら
彼女が生きてる時間は、笑っていてほしい。

僕は素直じゃない。
素直じゃないほうが、僕らしいし、
貴女も素直じゃない僕との言い合いのほうが喜んで付き合ってくれると思う。

本音を吐き出すのは、得意じゃない。
それを彼女はわかってくれている。

僕も彼女をわかっている。

そうやって僕は彼女と生きていく。
この関係は変わらないと思っている。

普遍的に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

地下倉庫

Author:地下倉庫
11年後に復縁。もう一度彼氏と彼女になった。
しかし、遠距離恋愛+W不倫。
でも、私たちは本気です。

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
恋愛
850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
55位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR