心のどこかで。

貴女と繋がっていることがどれだけ幸せなことか。

じわっと心の内に感じるときがあります。

今では貴女がなくてはならない存在ですが、
昔はただの同僚だった。

そんなときがあった。

昔のことを思い出してみると、ただの同僚だったときの
貴女との会話や出来事を、何故か僕はよく覚えている。

他の同僚との会話は覚えていないのに。

当時から、心のどこかで貴女を意識していたのかも。

貴女は僕を意識していなくてもね(笑)

貴女の言動は僕の心を震わせるんだよ。

本当に不思議な人だよ。

今日も大好きでたまりません。
スポンサーサイト

逢える

もう少しで逢えます。

ほんの短い時間だけど。

そのことで、些細なケンカもしたけど。

素直に嬉しいんだよ。

ちょっとイジワルだったかもしれないけどさ。

ごめんね。

楽しみにしてます。

辛い夜

何かに怯える夜がある。

あなたが怯えているのがわかっているのに
そばにいてあげられない。

朝がくるのをじっと待つ。

これほど辛く感じる夜はない。

酔っ払いからの電話

酔った彼から電話がきました。

彼は友人と飲んでて、
私も友人と飲んでて。

たまたま
お互いのことを知ってる友人と
飲んでいたので。

私の友人と彼が話してみたり。

彼は、私の友人に
「俺は○○(私)が好きだ」って
言っていたみたいです(笑)

お互い気心しれた友人と
飲んで楽しい時間を過ごしました。

酔って電話くれる彼
すごく嬉しかった。

ありがと。

酔いながら電話

酒を飲みながら彼女と電話しました。

僕は友人と飲んでいて。
彼女も友人と飲んでいて。

お互いの友人が僕たちの関係を知っていて。

こういう電話は楽しい。

彼女の声が聞けたことも嬉しい。

酔うと声が聞きたくなりますね。



親友のこと

僕の親友がもうすぐ結婚する。

あまりに突然のことで驚いている。

親友は初婚、そして結婚と同時に子供3人のお父さんになるらしい。

驚きやら尊敬やら、いろいろな感情が絡まりあってなんともいえない。

おめでとう。

素直に喜ばしい。

けど、少し落ち込んでいる自分もいる。

親友に比べて自分は何をやっているんだろうと。

何も変わっていないではないか、と。

情けなくなる。

親友よ、お前はかっこいい。

自分も、そうありたい。

心の吐露

貴女のことをずっと考えています。

今も昔も変わらずに。

こんなに好きなのに、どうして今に至っているのか。

何度も何度も昔のことを振り返っても、変えられない今にたどりつく。

悲しみ、苦しみ、いろいろな感情が僕の小さな器の中で
淀んでいる。

メビウスリングのような、この呪縛から解かれる方法はわかっている。

いや、わかっているつもりなだけかもしれない。

貴女が教えてくれた生きるという意味。

僕にもその意味を理解できる日がくるのだろうか。


彼女のぬくもり

彼女のぬくもりを思い出すときがある。

ふと突然に。

懐かしくもあり新鮮な彼女のぬくもり。

誰にも渡したくない彼女のぬくもり。

そのぬくもりを求め続けて僕は生きている。

ホテル泊

彼女は仲のいい女友達とホテルに泊まりにいくみたい。

飲みにいってタクシー代払うなら二人で泊まったほうが安い..らしい。

俺も、貴女と泊まりたいよ。

朝まで一緒にいられる女友達が心から羨ましいです。

好きだから。

気になる。

貴女のことが気になります。

貴女は生き方が器用じゃないから、
見ていて危なっかしくて仕方がない。

人のことを言える立場じゃないけど、
二人なら少しは危なくないように進めるんじゃないかな。


プロフィール

地下倉庫

Author:地下倉庫
11年後に復縁。もう一度彼氏と彼女になった。
しかし、遠距離恋愛+W不倫。
でも、私たちは本気です。

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
恋愛
1543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
90位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR