少しずつだけど

彼女がコツコツ頑張っているように、僕もすこしずつだけど
頑張っています。

少しずつだけど彼女との未来のために貯金しています。
いくら貯めるとか目標があるわけではありませんが、
できるだけ貯めていきたいな、と。

僕には想像がつかない未知の生活。
今できることをしています。

別居も考えてはいますが、お金のことを考えるとなかなか..

一人ではベストな考えがでてきません。
やはり彼女と相談しながら進むべきなのでしょう。
スポンサーサイト

少しずつでも。

今の二人の生活は、バラバラです。
お互いがお互いの生活を送っています。

私は、コツコツと離婚に向けています。
日々の生活の中ではストレスだらけです。
旦那が一緒にいるときは、
不満と我慢の連続。。

今は、とにかく我慢しています。

そんなストレスを彼が癒してくれる。

今は、我慢していつか離婚できるように。

同時にお金を貯める。

目には見えなくても
少しずつでも、彼と一緒になるために。

諦めずに、そして着実に。

自分の人生を後悔しないために。

それぞれの生活

今年も気が付けば2か月が過ぎようとしています。
本当に最近時間の流れが早く感じます。
なのに二人の時間の流れは逆らうように進まず。

それは二人でなんとかしていきます!

最近はというと、お互いそれぞれの生活に追われている感じ。
生活、仕事、友人、その他いろいろと。

彼女の生活は季節感があるけど、僕は季節知らずという感じでしょうか。

ちょっと彼女の話を聞いていると羨ましいことが、ここのところ多いかも。

自分の人生にはないことだらけの話が多くて。

僕にも彼女の生活している環境が経験できる日がくるのでしょうか。

それは自分たちの努力次第。

短い人生のこと、もう少し急いて考えなくてはいけないのかもしれません。


心配かけてごめん。

週末から体調を崩しました。
病院で診てもらうと胃腸炎でした。
徐々に良くなってきてはいるものの、いまだ完治にはいたらず。

治りが遅いのは病気のせいなのか、それとも歳のせいなのか。

普段の生活に気をつけなくてはいけません。

自分のために、そして彼女のために。
簡単に倒れるような男では、この先守れませんからね。

たくさん心配かけてごめんね。

何もできない。

今朝、彼からのメール
「やっちゃった。熱ある。。」って。
なんか、昨日から怪しかったんだよね。

幸い(泣)今日は、日曜日。
奥さまもいらっしゃるので、
ご飯の心配はないです。
温かいもの作ってもらって、
ゆっくり休んでください。

何もできない。
何もしてあげられない。

ただ遠い場所から貴方を心配するだけ。

何もできないのは、辛いです。

とにかく、1日も早く元気になってもらいたい。

看病してあげられたらいいのに。

お酒。

彼女は飲み会だって。
普段はほとんど飲みにいけないから楽しんできてほしいな。

お酒大好きだし。

誰に対しても隔たりなくつきあえる彼女。
素敵だと思っています。

ただね..飲みすぎると度がすぎちゃうんだよね(笑)

心配してるんだからね。
いってらっしゃい。

僕の心境

この前彼女に逢ってから、
以前にも増して彼女に逢いたい気持ちが強くなっています。

逢いたいというより、そばにいたい。
一緒に暮らしたいという思いがどんどん強くなってる。

きっと彼女がバスで帰るのを見送ったことが影響してる。

なんだろ、このなんとも言えない気持ち。

彼女が帰る場所は僕と同じ家であってほしい。

もう離れ離れになるのはごめんだよ。

もう、逢いたい

逢えた日から、もう1週間が過ぎました。

もう逢いたい気持ちが強いです。

今回は、彼の方が離れたくないと
強く思ってくれたみたいです(笑)
いつも、さよならする時は 、私が送る側。
彼がいつも私のところに来てくれるから。

今回、私が家に帰らなきゃならない時に、
彼は私を最寄り駅まで送ってくれました。

バスに乗り込み、見送る彼に小さく手を振りました。

バスの中で彼からメール
「見送るのって、辛いね」

でしょ?

帰っちゃうのを見送る側って、結構辛いでしょ?
色んなこと考えちゃうでしょ?

少し私の気持ちがわかってくれたみたいです(笑)

送られる側も、たまにはいいかも。

一番いいのは、もう離れないことだけど。

幸せと思えること。

向かい合って珈琲を飲めること。

雑誌の気に入った記事を見せられること。

うなずいてくれること。

思いっきり否定されること。

並んで歩けること。

迷って地図を確認すること。

隣で笑っていること。

ささいなことで喧嘩できること。

仲直りできること。

黙って見詰め合えること。


こうやって一緒に過ごせること。

全てが幸せと思えます。




幸せな時間

彼と逢えた時間は、全部幸せな時間でした。
側にいると、表情や雰囲気で
彼の気持ちをわかることができる。
電話やメールでは伝わらない、今の彼の気持ち。
それだけでも幸せでした。

彼の愛を直に感じることができる。

本当に幸せな時間だった。

逢いにきてくれてありがとう。

また、貴方への気持ちが強くなりました。

たくさん充電してもらった。

ありがとう。

心躍る

愛する人に逢えるということが、こんなにも心躍るとは。

愛する人が今を生きている。
同じ世界に生きている。

今はたまにしか逢えなくても、逢えるということだけで
十分に幸せなことでなないだろうか。

贅沢を言うときりがない。

束の間を繋がるようにするために生きていけばいいのだ。

そういうことで幸せになれるんだ、きっと。
プロフィール

地下倉庫

Author:地下倉庫
11年後に復縁。もう一度彼氏と彼女になった。
しかし、遠距離恋愛+W不倫。
でも、私たちは本気です。

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
恋愛
702位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
46位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR