音信不通。。

今日の朝、何度メールしても返信なし。
最初は寝ているのかな?と思ったけど、だんだんと不安が募る。

何かあったのかな。。機嫌悪いのかな。。とうとう嫌われちゃったかな。。

全然前向きな考えが出てこない。

あとになって、SNSで彼女の携帯が壊れたことを知りました。

液晶真っ黒で使えないらしい。。

よかった。嫌われてなくて。


今日、弱い自分を知りました。

ないものがある分には嬉しいけど、
あるものがないと不安になる。

しばらく彼女とは連絡とれないのかな?

だめだと思うと、無性に彼女の声が聞きたくてたまらなくなります。

携帯ひとつ壊れただけで、こんなになってしまうなんて。
現代社会は便利なようで意外ともろいものですね。
スポンサーサイト

寒さが。

冬が訪れてきた。

寒くなってくると寂しさも増してくる。

貴女はこの寂しさをちゃんと受けとめてくれるのだろうか。

僕の寂しさは、昔貴女が消えたときから積もっているもの。
雪なら溶けて消えてしまうが寂しさはどうなのだろう。

もう貴女と離れたくない。
今日は、そんな想いがいつもより強いです。

遠くても…

遠いようで…近い。
近いようで…遠い。

どっちだろ?
どっちもかな?

彼と電話をしてる時、ちょっとしたお互い無言の時間。

目を閉じて、彼の足音と息の音を聞いた。

すごく近くに感じるのに。
すごく遠い。


彼には何でも話してるから、距離は遠いけど、心は一番近い。

遠くて、近い。
近くて、遠い。


逢いたいと思っても、すぐに逢える距離ではないけど…

心はいつも側にいる。


ぎゅってして欲しいときもあるし。
温もりを感じたいときもある。

離れていても、心は側にある。

いつか、2人が側にいれる日がきても、心の繋がりを大切にしたい。

唐突ですが。

彼女が大好きでたまりません。

すごく愛されてるのがわかるし、愛してるし。

今たまらなく逢いたいです。


貴女へ

寒くなってきたから身体に気をつけてね。

忙しい

ここ最近、とにかく忙しい毎日を過ごしています。

身体も疲れています。

せめて彼とゆっくり話す時間が欲しい…

メールは欠かさずしています。
「無理しないでね」「頑張って」って、私のことを想ってくれる毎日のメール。

「今日も頑張るよ」っていう返信。

些細なことでも今の私の原動力です。

でも声を聞きたい。

ゆっくり話をしたい。

心も身体も疲れた時、私の心を癒やしてくれる彼の声。

今日は、声を聞きたかったな…

無性に。

無性に逢いたくなるときってありますよね?

今がそう。

ただ一緒にいたい。

今頃、彼女は何をしているのかな?

叶わない現実に寂しさが募ります。

もっと強い気持ちで生きなくちゃ。


November Rain

賑やかな12月に比べるとどこか静寂が漂う11月。

1年を振り返るのには少し早いけど、
自分の中で過去を振り返るいい時期だと思っています。

今まで生きてきた道の辛いことや悲しいこと。
気が付くと頭の中に浮かんでは消え、浮かんでは消えて。

辛さや悲しみは時間とともに薄れていく。
そうしないと前へ人は進んでいけないこともわかっています。

それでも忘れてはいけない悲しみだってあります。
普段は心の奥底にしまっておいても、引き出します。

前へ進むために。
逃げずに前へ進むために過去を振り返ります。

過去はなかったことにできません。
しっかりと心のなかに留め置いて生きていきます。

喜びや悲しみの影に隠れた怒りや悲しみも
忘れずに受け止めて生きていきます。

それが今の僕にできる精一杯のこと。

11月の雨が僕を戒めているようです。


いじわるな気持ち

自分で自分を嫌いな理由。

そのひとつが、いじわるな気持ちが顔をだすときがあること。

いじわるな気持ちが顔を出したとき、つい彼女に言ってしまう言葉がある。

「自分で選んだ道でしょ。」

言うくせに..あとでいつも後悔する。

彼女は日常忙しく動きまわっている。
その中で起きた不平不満を僕に言ってくる。

聞くのは全然いやじゃない。
彼女が何をどう思って生きているのか知りたいし。

そうは言いながらもつい言ってしまう時。

それは、僕は旦那の存在がちらついたとき。

平然と振舞いながらも心のどこかで旦那に対して嫉妬しているのだと思う。
自分じゃなく結婚までできてしまった旦那に対して。
(もちろん当時すでに結婚していた自分に非があるのはわかっています。)

勝手かもしれないけど彼女の選んだ道に、ばか!っていつも思う。

僕と一緒になっていたら、それはそれで不平不満だらけかもしれない。

でも..っていう気持ちがいつも先にたつ。

だから言ってしまうんです。

「自分で選んだ道でしょ。」って。

ごめんね、いつも。

本当は貴女が苦しんだり辛いとき、一番協力したい。
なのに貴女は非協力的な旦那のそばにいる。

それがね、本当にもどかしくて悔しいんだ。
その悔しさから、ついいじわるをしてしまう。

早く貴女を支えて生きていきたいんだ。

一緒になっても不平不満は必ずでてくると思う。
でも不幸な気持ちにだけはさせないから。

貴女に誓うよ。





重ねて重ねて

遠く離れていてもいつも想っています。

気持ちを重ねて重ねて。

心を重ねて重ねて。

どんな時も重ねて重ねて。

近くにいられたら、
身体も重ねて重ねて。

ずっといつまでも重ねて重ねて。

絵が届いた。

先日購入した絵が届きました。

まだ開けていません。

開けて絵を確認はしますが、またしまっておきます。
たまに観ることはあっても飾ることはしません。

彼女と一緒になったとき、はじめて部屋に飾りたいから。

それまで絵に申しわけないけど眠ってもらいます。

一緒に飾るその日が待ち遠しくてたまりません。

初めて絵を購入しました。

絵は好きで、たまに美術館やギャラリーに行くことはあっても、
買ったことは一度もない。

正直、高いし、意外と絵自体が大きいし、
大体、絵を飾れるような家に住んだことがない。

そんな僕が、絵を買ってしまったのです。

美術の世界ではたいした金額じゃないのかもしれないけど、僕にとっては大金でした。

小さなサイズの一枚の絵。
彼女が好きな橙が目に飛び込んでくる、ちょっと風変わりな絵。

彼女と一緒になったら、この小さな絵を飾りたくて。


最近、心に少しゆとりがありませんでした。

気持ちだけが空回りして思うように前へ進めない現実があって、
だからこそ、何か未来につながる形あるものが欲しくなってしまって。


この小さな絵をはやく飾れるようにがんばります。

この絵、彼女が気に入ってくれるといいのだけれど。





プロフィール

地下倉庫

Author:地下倉庫
11年後に復縁。もう一度彼氏と彼女になった。
しかし、遠距離恋愛+W不倫。
でも、私たちは本気です。

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
恋愛
850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
55位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR