ドキドキ

明日、彼と逢えます。

短い時間だけど。

今からドキドキです(^w^)

彼のバイクに乗れます。
私、バイクに乗るの人生初体験。
彼にしがみつきます(笑)

楽しみです♪

いっぱいちゅ。ってしたい。
いっぱい抱き合いたい。

幸せな時間は、きっとあっという間だけど、いっぱい幸せに浸ってきます。

ドキドキする~♪
スポンサーサイト

私の大好きな人は…

私の大好きな人は…
どんな時も楽しそう(^w^)

いつも一期一会があり…
楽しそうに話してくれる。

ひとりで入った居酒屋で、ご主人と仲良くなった話。
隣のお客さんと仲良くなった話。

誰にでも話しかけられ、楽しく飲んだりしてる。

彼の人柄だな。って思う。

彼は自分の事を多くは語らない。
心を開くのに時間がかかる。

浅く広くが得意なのかな?(笑)


いろんな場所でいろんなものを見て、いろんな人と出会って…

彼の視線で、彼の感性で、いろんな話をしてくれる。

そんな彼が大好き♪

早く逢いたいな…

無事に。

今朝早く彼は自宅を出発し、私の元へバイクを走らせています。

逢える時間は少ないのに、私のところへ来てくれます。

とにかく無事に…

元気な姿を私に見せてください。

そして、何よりも彼がひとり旅を楽しめますように…

旅立ち

4月も終わりが近づき、もうすぐゴールデンウィークに入ります。

4月に入ってから心がどうも落ち着かない日々が続いていました。
歳を重ねるということは、自分が望もうが望まなくとも、
幸も不幸も記憶に刻まれていきます。

何のために生きているのか、自問自答を繰り返しながら
正解のない答えを追いかけています。

感情をうまくコントロールできず、突然涙が出ることもあります。

生きるに比例して心も強くならないと、人は道を踏み外すのかもしれません。


心にできた小さなヒビを治すべく旅に出ることにしました。

休みを利用したひとり旅。

気の向くままに走り、安息の地へ。

安息の地では、わずかな時間ながらも彼女に逢えます。

彼女に逢うまでには、小さなヒビが消えているはず。


笑顔で貴女に逢いにいくからね。

無事を祈って待っていてね。

笑顔の作り方

彼女と僕は遠く離れているので、そうそう逢えません。
そんなとき、携帯電話って便利です。
メールできるし、声も聞けるし、写真だって送れるし。

さびしいときは、お互いに「写メ送って♪」ってお願いします。
今の姿が見たいから。

携帯電話のカメラでセルフ撮り。
これが結構難しくて。

笑顔のが欲しいって、いつもお互い思ってて、写メ送るんだけど
いまいち笑えてない。

彼女も僕も。
笑顔のつもりでも、目が笑ってなかったり、ひきつっていたり。

たまっている写メを見ていたら、気が付いたんです。

逢って二人で撮った写メは、すごくいい笑顔なんです。

僕の笑顔は..まあ、置いといて、彼女の笑顔は
とても素敵な笑顔。

僕の全てを包み込むような優しい笑顔。
こんな素敵な笑顔の彼女を守っていきたい。

笑顔って自然にでてくるのが一番素敵みたい。

無理やり笑えないですものね。

彼女に逢いたくてしょうがないです。

深夜に電話

はじめに..
過去のことを書くのはやめようと思っていました。
振り返ったって何もはじまらないってお叱りも受けたし。
その通りだと思います。
前を向いて進むべきだし、現に進んでいます。
彼女の「深夜の電話」を読んで当時のことを思いだしてしまいました。
僕には僕の事情があったんです。
人によってはパートナーの過去を知りたくないでしょう。
知りたくないけど二人の空白の別々の時間を知りたいと思う気持ちもある。
彼女に相談したら、書いてと言われました。
今にいたるまでの辛い記憶も一緒に共有して進もうと決めました。
人生いいことばかりじゃありませんものね。

貴女へ、これからもずっとよろしくね。



彼女と別れてから数ヶ月が経った。
ときどき彼女のことを思いだすことはあったけど、どうしようもないことだし
振り払うように仕事に打ち込んだ。
繁忙期だったこともあり、ほとんど毎日遅くまで会社で働き、
会社に泊まることもあった。

そんな頃、深夜まで仕事をしているとの電話がなった。
近くにいた僕が電話をとると、彼女の声が。

声を聞いた瞬間、彼女が酔っているのがわかった。
酔った彼女の声は少し涙ぐんでいた。

とまどいながらも内側から嬉しさがじわじわとこみあげていた。
でも仕事中だったし、後でかけ直すからと伝えた。
彼女は何度も何度も、絶対かけ直してねと言っていた。
何時でもいいから絶対かけ直してね。待ってるからと。

僕は..
別れてからも、ずっと彼女が好きでした。
一緒に進むことはなくなっても、
彼女が困ったときには、いつでも助けようって思っていた。
彼女が笑って生きていけるなら、いつでも力になろうって思っていた。
きれいごとに聞こえるかもしれないけど、それでもいいって思っていた。

ほどなく仕事を切り上げ、今ならまだ終電に間に合う。
家の近くの駅を降りたら、すぐに彼女の携帯に公衆電話から電話しよう。
そう思って、帰り支度をしている時だった。

「今日、車だから送ってあげる」

顔をあげると同僚の女性が立っていた。
いいよ、電車に間に合いそうだからと返答したけど
送っていくから仕事の切りがいいとこまで手伝ってほしいと。

そう言われたら断れないし、仕事を手伝って結局送ってもらうことにした。

仕事を手伝いながらも、彼女へ電話したくて頭の中はいっぱいだった。
きりがいいところで仕事を終え、同僚の女性の車へ乗せてもらった。
降りたらすぐ電話しようと考えていると、

「さっきの電話、彼女からでしょ?」と。

「うん。わかっちゃった?」

僕と彼女の成り行きを知っている同僚は、すぐわかったらしい。

「降りたら電話するの?」

「うん」

「あのね、彼女に電話かけないでほしい。」

「え..」

同僚が自分に好意を持っているのは薄々気がついていました。
同僚曰く、そんな身勝手な彼女に電話する必要ない。と。
自分から離れて、酔って電話してくるなんて最低だって。
明日になったら忘れてるんじゃないの?
振り回してるだけじゃないの?
都合よすぎるよ..等々、家に着くまでずっと言われました。

話を聞いていて、同僚の言うこともわかる。
何度も電話やめなと言われ続け、同僚にはわかった、かけないと答えました。

車を降りてから、同僚にはかけないと言ったものの、やっぱり迷っていました。

悩んだあげく、その日は電話することをやめました。

彼女は酔っていた。
今電話して話をして盛り上がっても明日になって素面になった彼女から
酔って電話してごめんなさい、もうかけないって言われそうな気もして正直怖かった。

だから一日待つことにした。
一日経って、昨日電話くれなかったでしょ!とか、もう一回かかってきたら
電話しようって思っていた。

結局..それ以降、彼女から電話がかかってくることはなかった。
やっぱり酔った勢いだったんだ..って思いました。

自分から電話したいって何度も思ったけど、傷つくことが怖くて
電話できませんでした。

彼女のことが大好きなくせに、平気な振りをしていました。
電話がかかってきたとき..未練がましくて男らしくないけど、
また、やり直せるんじゃないかって考えていました。
ちゃんと、もう一度話し合おうって。

なのに..

もし同僚が電話に気がついていなかったら
僕は電話をしていた。

その日かけなかったとしても、
もし彼女が素面で電話をくれていたら、
間違いなく後日彼女に電話をしていたでしょう。

過去に、もしなんて言っても意味がないのはわかっています。
それでも、もしと思ってしまう自分がいます。

今でも、あの日のことを思いだすと胸が苦しくなります。


彼女の好みは..!?

彼女と話をしていると、いろいろな事で盛り上がります。
電話でも盛り上がるし、逢って話せたなら尚更盛り上がる。

会ったことはなくても、お互いの友人や親戚、両親の話をして
うんうんって。
いつか紹介するからね、なんて。

その日がくるのが楽しみです。

僕は彼女が楽しそうに友人の話をしているのが大好きで、
聞いていて、いい友達に恵まれてるなって思います。

・・友達と久々に会ったら楽しかったよ!その友達すごく可愛いんだよ。
・・私が男だったらほっとかないな!
・・今日はね、○○ちゃんのママと遊ぶ。そのママすごく可愛いんだよ。
・・私が男だったら付き合う!
・・明日は○○の時の友達と会う。その人すごく綺麗なんだよ。
・・私が男ならほっとかないな!
・・今、すれ違った人、すごく可愛い♪
・・私が男なら惚れるな!

あれ!?なんだろ..この違和感。
彼女の口から出てくるのは、可愛い、綺麗な女性のことばかり。

彼女自身も、そういう女性の話が多いことに気がついたみたい。

・・私、両方いけるかも♪だって。

ばか(笑)

そんなことばかり言ってる彼女は、今日は家で女友達と二人で遊ぶんだって。
食事してまったりするって。
その女友達のこと、すごく可愛いっていつも言ってる。

まさか..おかしなことに..ならないよね!?

ま..ちょっとだけならいいか。
可愛いなら、しょうがないかな(笑)

でも、ちゃんと僕の元に戻ってきてね。


やっちゃった。。

やっちゃいました。。

旦那に送るはずのメールを彼に送ってしまった。。。

夕方、買い物終わって帰る。ってメール。
遅くなったから、米2合炊いといて。って。。。

彼は、きっと嫌な気持ちになっただろうな。。
ごめんなさい。

今日は、私の母とおでかけしてました。

彼に電話するとき、いつも
私が2コールくらいかけて、切ります。
彼は、着信を確認し、折り返しかけてくれるのです。
彼の電話から私の番号を指定割してくれているので
通話が無料になるからです。

私は、今日、母に電話をし、
2コールで切って、着信を待ってしまいました。

あ。違った。。って。

それは許されるけど。
旦那宛のメールを彼にメールしたらダメですよね?

本当にごめんなさい。

彼宛のメールを旦那にするよりは
よかったかもしれないけど。。

そもそも旦那にはそんなにメールしないから
大丈夫だけど。。

ごめんね。
本当にごめんね。

メールも電話も、
ほとんど彼にしかしないので、
少し気をつけなきゃダメですね。

反省します。
気をつけます。

本当にごめんなさい。

別れのKiss

別れのKissをした。

と言っても、本当に別れたわけじゃないですよ!

久々に逢えて、また遠距離になる前のひとときのKiss

甘く切ないKiss


僕は今までKissって、あまり好きじゃなかった。
何が楽しいのだろうって。

でも彼女がKissの味を教えてくれた。

彼女とのKissが今はとても愛おしい。

そんな僕が、彼女に言われたんです。

なにやら、別れの時間が近づくと僕のKissのやりかたが違うらしい。

違う?って聞くと、違うよって。
Kissで、もうすぐまた離れ離れになるんだって気がつくみたい。

自分では気がついていなかったけど、彼女に言われると、
そうだなって、ちょっと納得。

言われてみると無意識にそうしているのかも。


どんなKissかって?

それは、二人だけの秘密です。





離れていると…

彼が哀しんでいるとき。
彼が苦しんでいるとき。
何か話したいと思っているとき。

そのタイミングで、私は話を聞いてあげることもできない。。

同様に私も、話を聞いてもらうこともできない。。

欲しているときに、できない。
欲しいときに、もらえない。


婚外、遠距離…

そんなもどかしさが、時に自分を苦しめる。

誰も責めることはできない。
頭ではわかっていても…
気持ちが沈んでしまう。

一緒にいれれば、解決できることも…
今はできない。

もどかしいです。

彼を想えば想うほど…
もどかしく思います。

貴方と過ごせた時間

彼と逢えました。

彼と逢っている時間は、幸せで楽しくて、愛おしくて、大切な時間でした。

2人で過ごすことのできる貴重な一時。

彼の優しさや、思いやり、愛されている喜びを感じることができました。

そして、私はこの人を愛していると再認識することができました。

無理することなく、とても自然な空気感に愛おしさを感じます。

今は、お互いに帰る場所は違うけど…きっといつか2人の帰る場所が同じになるように。
そう願います。

離れ離れになった今も、彼を愛していると強く強く感じます。
胸がぎゅ~って締め付けられる。

大好きです。

喜びと悲しみ

もうすぐ彼女に逢えます。

嬉しくて楽しみで心が落ち着きません。

僕は彼女を本当に愛してるんだなって思います。

なのに..彼女とはまったく関係のない別の出来事で
喜びだけではなくなってしまいました。

予想だにしていなかった突発的な出来事。

ときに沈んだ心が浮かび上がってきます。

別の出来事について、心の整理が今はつきません。

彼女の住む街で、僕は喜びと悲しみを持ち合わせます。

悲しみが喜びを上回ったとき、僕は彼女に救いを求めるかもしれません。

貴女へ、
僕の心のそばにいつまでもいてください。

心底、そう思います。




夢を見ました。

彼の夢です。

起きた瞬間、『あ。夢に彼が出てきた♪』って思ったんですが、どんな夢だったか忘れちゃいました(-.-;)

彼が夢に出てくるのは、すごく久しぶり。
内容はほとんど覚えてないんだけど…

朝起きた瞬間、すごく幸せな気持ちになります。

夢で逢えるだけでも、すごく幸せ♪


実は…明後日から彼が私の街に来てくれます♪
4ヶ月ぶりに逢えます。
楽しみで楽しみで。
心が浮ついてしまいます。

早く逢いたいな。。

ぎゅってしてほしいな。

無事に逢えますように…。
プロフィール

地下倉庫

Author:地下倉庫
11年後に復縁。もう一度彼氏と彼女になった。
しかし、遠距離恋愛+W不倫。
でも、私たちは本気です。

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
恋愛
702位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
46位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR