進展

昨晩、夫に
『離婚したい。これから先やっていく自信がない』
と、伝えました。

ズルいかもしれないけど、メールで伝えました。

今のところ、夫からは反応がありません。

メールで最初に伝えたのは、きっかけをつかむため。

夫婦の会話がほとんどない状態が続いていたし、何となくタイミングがつかめなかったから。

とりあえず、突破口としてメールしました。

これから、話し合いがあると思います。

切り出した以上、後戻りはできません。

夫がどんな気持ちなのかは、わかりません。

冷戦状態が続いていたし、会話もなく、家にいても同じ空間にいる事が少なくなってました。

こどもたちだって、気づいているはずです。

こんな状態を続けることが苦痛でした。

笑顔も少なくなりました。

夫がいる空間に耐えられなくなってました。

これからどんな風になっていくのか、想像がつきません。

私は、私の気持ちを突き通すまでです。

スポンサーサイト

遠くにいても…

遠くにいても…

貴方が何をやっているか。
何を考えているか。

貴方は教えてくれる。


でも、やっぱり、貴方に逢いたい…。

想いはどんどん積もって…
自分で抱えきれなくなる。

貴方が側にいてくれたら…
ここに貴方がいてくれたら…

想像すればするほど、胸が苦しくなる。

抱きしめられたい。
貴方に触れたい。

逢いたい。
逢いたい。

こんな私がいい。

貴女がよく言う言葉。

「こんな私でいいの?」

貴女はいつも自分を卑下して言うけど。

こんな私がいいんだよ。

こんな私だから、僕は好きなんだ。
心から愛せるんだ。

貴女の言う「こんな」がなかったら
それはもう貴女じゃない(笑)

貴女はこの先「こんな」の中身を僕にさらけだして生きていけばいい。

僕の「こんな」も貴女にさらけだすから。

誰しもが愛する人の「こんな」を愛しいと感じているんじゃないのかな。

「こんな」が大切。

貴女は...
こんな僕だけど、いいの?

男と女

無性に彼の優しさに包まれたい…

電話やメールでは、すごく優しさに包まれてる。

わかってるけど…

抱きしめてもらいたい。。

温もりを感じながら、包まれたい。。




女ってメンドクサい生き物だね。
ひと月の中のバイオリズム…
浮き沈み…。
自分でもどうする事もできない気持ち。

紛らわすことしかできないから。

男の人って大変だ。こんな女の気持ちを察しながら、付き合っていかなきゃならないんだから。

ほっとかれても、いじけるし。
構っても、天の邪鬼だし。

じゃぁ、どうすればいいの?って思うよね。。

でも、今日の彼のメールの返信は完璧だった。

朝の電話の後の
気分が優れない…って私のメールの返信。

「わかってたよ。気分が優れないの。違ったもん。」

って。

そう…気づいてくれてるだけでいいんです。

どんな言葉もいらない。
気づいてくれてる事がすごく嬉しかった。
涙が出るくらい。


貴方の優しさが、すごく嬉しかった。

さて、気分を紛らわしてきます。
ただ、紛らわせるだけだけど。

ありがとう。本当にいつもありがとう。

喜怒哀楽

喜怒哀楽。

人のもつ代表的な感情。

今はこの感情を素直に出せるようになりました。

今は..と書いたのは昔は出せなかったということです。
出せるようになったのは、貴女と出逢ってから。

生きてきて気がつくと感情を表に出せなくなっていました。

いつの頃からか、喜怒哀楽の怒も哀もないほうがいい。
喜と楽だけの人生の方が楽しいじゃん!
それなら怒も哀も捨ててしまえ!と。

あさはかな自分は、そう考えました。
怒と哀を表に出さないことが捨てたことだと勘違いして
喜や楽のあるほうにばかり目を向けていました。

怒や哀が自分に近づいてくると目を背けるか、その感情が生まれそうになると
抑えこんでいました。

人生それじゃダメですよね。

いつの日か必ず哀があります。
時に怒もあると思います。

今はすべてを受け入れる覚悟があります。

貴女とだから、感情を表に出して生きていけます。
出せるというか気がついたら出してます。

喜怒哀楽を貴女には素直に伝えます。
いいのかわるいのか自分にはよくわかりません。

本当にこれでいいのかな?












遅く起きた朝は..

朝、話せる時間があるときは、会社に行く前に
ちょっとだけ彼女と電話します。


着いたよ。って彼女にメール。
彼女から、おはよう。。ってメールこない..

こりゃ寝てるな(笑)

ちょっと時間をおいてメールしてみたけど返信なし..

しょうがないので、仕事に向かいました。

会社に着いてすぐ、彼女からメールきました。

あわてて(笑)

朝、声は聞けなかったけど
あわてて起きた彼女を想像したら
可愛い♪

こんな彼女が大好きでたまりません。

今度はちゃんと起きてね。

風邪

彼が…風邪をひいたようです。。

熱があり、昨日は会社を早退。今日は、休んだそうです。

今日は、奥様がお休みの日。

私の大切な彼の看病は、悔しいけど…奥様に頼むしかありません…悔しいけど…(T_T)

1人で寝込んでいるより、奥様がいてくれた方がいい。食事とかは何とかしてくれるでしょうから…。

早く元気になってください。

そして、私の元に戻ってきてください。

何もしてあげられないけど…
元気になってくれる事を祈っています。

今の気持ち。

気持ちが落ち着いています。

やらなきゃならない事は、たくさんあるけど…

家の整理も徐々に進んでいます。

彼と私の進むべき道が見えているからか…。

気持ちが落ち着いています。

これからの事を考えると、落ち着いてなんていれないのかもしれないけど。

彼の気持ち、私の気持ちが同じ方向を向いていることが確信できているので、落ち着いていれるのだと思います。

穏やかでいれるのも彼のおかげです。

私の中でも、ここを離れる決心がついているので、表面的には何も変わっていないけど、心の中が整理できてること、決意が固まってることで、心が穏やかでいれる。

何が起きるかわからないこの先ですが、何があっても大丈夫って、心の奥底から、沸いてくるものがあるんです。

不思議な感覚。

人は、先が見えないことが一番不安なのかもしれない。
先が見えること、目標があることが人を強くするのかもしれません。

ず~と、何の目標もなくただ毎日が過ぎていく生活をしてた私にとって、生きる力を与えてもらったような…。

もしこの目標が叶ったら、また先の目標を二人で作ろう。

そうやって2人で、生きていこう。

支え合い、助け合い、思いやりを持って、2人で生きていこう。

これからのこと。

2012年。
新しい年が始まりました。

昨年の終わりから、これからのことをいろいろと考えてみました。
彼女ともたくさん話しました。

考えた結果、僕は僕なりに準備を進めようと思います。

まず折をみて別居を切り出そうと思っています。
かと言って、それほど経済的に余裕があるわけではありません。
できるだけ安い部屋を探して生活の拠点を別にしようと思います。
離婚の話は並行して妻とじっくり話をしようと思っています。

その為に早速、不動産屋を見てまわるつもりです。
2月から3月にかけては、学生や転勤で部屋の空きも少なくなるので
今のうちに探すつもりです。

すんなりいくとは思っていないので、
少しでも早く動いたほうがいいと考えました。

そして、いつになるのかはわかりませんが、
彼女が決心したことを行動し、僕のそばに来る日を待つつもりです。

周りにはたくさん迷惑をかけると思います。
ごめんなさい。

もう自分の気持ちに嘘をついて後悔だけはしたくないのです。

決心。

決心。

私は、決心しています。

今年中に動きます。

早い段階で、旦那に離婚を切り出すつもりです。

まずは、身辺整理を始めます。

今日から始めました。

いらないもの、いるもの。
持って行くもの、持って行かないもの。

断捨離。

自分の気持ちを整理するかのようにどんどん捨てました。

彼と生きていくために。

もうここには何も置いていけない。

身辺整理が終わったら、離婚を切り出します。

それからの事は、予想がつかないけど、自分の中でどんなことが起きても対応できるように心の準備だけはしておくつもりです。

まずは、心の整理と身辺整理をしてみます。

年末年始。

年末年始は、私たちのような関係にとって、辛い日々ですね。

私は年越しは、旦那実家へ。
元旦は自分の実家へ。
もちろん旦那付き…

彼は彼で、奥様と一緒に親戚の家へ新年のご挨拶。。

お互いがお互いに連れ合いと行動し、親や親戚の家に行くんですから。

連絡が途絶える。
連れ合いと一緒にいるんだから。

お互いに入る隙間はない。。

今は仕方ない…。

そう考えるけど…

実家にいても彼がここにいてくれたら。なんて想像してしまいました。

どんな時もどんな場所でも、彼がいたら…と想像します。

いつか叶う。

いつか彼と一緒に自分の親と酒を酌み交わし、楽しい一時を過ごせる日がくる。

そう願います。

『今年も宜しくお願いします』と頭を下げる事事態、何だか考え深くなってしまいます。

特に旦那実家には…。

私的には、旦那実家での年越しは最後になる。そう心に思っていました。

来年は、彼とともに新しい年が迎えられますように…。

2012年幕をあげましたが、私たちにとっては波乱の1年になるでしょう。

決意新たに、よい方向へ向かうことを願います。

辛くても彼がいてくれたら大丈夫。

彼と手を取り合い、頑張って行きます!!

あけましておめでとうございます。

昨年始めたこのブログ。

誰にも言えない2人の気持ち書き綴る場所として開設したこの場所。

思いがけず、多くの人に励まされ、応援していただいた事、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも彼と2人で力を合わせ、頑張っていきたいと思っています。

今年も宜しくお願いします。
プロフィール

地下倉庫

Author:地下倉庫
11年後に復縁。もう一度彼氏と彼女になった。
しかし、遠距離恋愛+W不倫。
でも、私たちは本気です。

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
恋愛
1543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
遠距離恋愛
90位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR